スズキ期間工が2chで語らないすごいメリット!知っておきたい6つのこと

スズキ期間工は2chに書き込みがないほど、悪い評判を聞かないメーカーです。

例えばほかのメーカーはどうかというと、上のように3034件もスレッドが出てきます。

採用研究をしているサチコ

ですが、やはり公式サイト以外の情報が知りたいですよね。スズキの期間工をしていた人に働くメリット・デメリットを聞きました。

スズキの期間工として働くメリット(体験談)

体験談

期間工の手当てがとても魅力

体験談

期間工は、学歴がなくてもつける仕事なので底辺だという人もいますが、全然そんな扱いを受けないですね。自分の将来をしっかり考える余裕ができたのもこの仕事を始めてから。スズキの期間工をしていたことで、次の仕事が決まる友人もかなりの数いるのでいいと思いますよ。

体験談

スズキって履歴書に書けるのがうれしいよね。次の仕事をしやすくなる。

スズキの期間工として働くデメリット(体験談)

体験談

やっぱり慣れないうちはきついかな。最初の一か月は体力的につらいけど、次の月から嘘みたいに身体が楽になる。きついのは最初だけ。自分はお金とか趣味に没頭できる時間が大切でこの仕事を続けてる

体験談

女がすくないこと?スズキが一番、女が多いらしいけどね。

1. 入社祝い金や満了慰労金などがある

サチコ

期間工には入社が決まり働きだすと、3ヶ月以内に総額100,000円~150,000円の入社祝い金があります。
また、契約期間を全うすれば満了慰労金が付与され、3ヶ月目で168,000円~など更新刻みで金額も増加していきます。
出勤率に条件がありますが、これは期間工ならではの福利厚生です。
派遣会社では入社祝い金や満了慰労金があるところは少なく、あっても少額です。

2. 交通費が支給される

サチコ

職場まで行く交通費は支給されるのが一般的ですが、期間工の場合は少し違います。
面接の後の選考会や、採用が決定した後の赴任旅費、期間満了後に帰省するときの帰任旅費まで支払ってもらえます。
派遣社員にはこの制度があることが少ないため、派遣会社の募集要項にもよく目を通してチェックしてみるとよいでしょう。

3. 生活費用がかからない

スズキの期間工には寮が完備されています。

サチコ

生活に欠かせない洗濯機や冷蔵庫、TVやエアコンなども付いていて、全て無料で使用できます。
家賃・水光熱費は完全無料ですから、生活のベースになるものにお金がかかりません。
派遣会社では家賃半額負担や、水光熱費が1万円で使い放題などという所もありますが、たった数ヶ月でも無料との差はかなり大きくなります。

4. 仲介手数料がない

サチコ

期間工は紹介会社を通して応募したとしても直接雇用になります。
スズキの契約社員として勤務するのですが、派遣会社は違います。
派遣会社は仲介役として会社を立てていますので、必ず仲介手数料があります。
仲介手数料がない分、期間工には少しでも多くの金額を還元することが可能で、満足度も高くなってきます。

5. 食費も抑えられる

 

期間工は社員と同等の福利厚生が受けられることでも知られています。
社員食堂では、100~200円で食堂の利用が可能ですから食費を抑えることも可能です。

6.スズキ期間従業員は長期休暇も充実

スズキの期間工には休日もしっかり確保されています。
年末年始、夏季休暇、ゴールデンウィーークにかけても、正社員と同様の休暇がもらえるのがメリットです。
社内カレンダーによってその日付は決められています。
入社後に社内カレンダーの周知がありますので、必ず控えて仕事や休暇の活かし方に利用しましょう。

サチコ

長期休暇といっても3日~が基本的です。前後にどの位土日を挟んでいるかや、社内で稼働するかどうかによっても変化はあります。

勤務して半年を過ぎれば有給休暇が貰えます。
仕事に支障がないように有給取得の意志を上司に伝えれば、有給消化もしっかりできます。

スズキ期間工の2chの評判ではわからないメリットまとめ

期間工は日給制ですから長期休暇がある月の収入はどうしても下がりがちです。
正社員と違うのは、そういった収入のブレがあるところでが、就職祝い金や諸手当なども充実しています。スズキの工場が身近にある20代・30代の方は今が働き時です。

サチコ

60代でも働ける仕事ではありません。ほかの仕事より会社からの寮・光熱費・交通費というサポートが手厚いため、お金をためやすいお仕事です。福利厚生も手厚いので働こうと思ったら今がおすすめです。